【1890万件】神戸安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

【1890万件】神戸引越し業者口コミ【比較ランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?


元神戸の引越し業者で6年勤務していた当サイト管理人です。

引越しは、誰一人同じ荷物の量・距離の人がいないので、どこが安いかランキングにできませんが、

元引越し業界人としおススメの安い引越し業者は、
  • サカイ引越センター
  • アリさんマークの引越社
が評判です。

安い料金にする注意としては、1社だけに依頼すると料金が高くなるので、何社かに見積もりをとることです。ライバルがいるので最初から安い料金を提示してくれます。

とはいえ1件1件電話をかけるのは非常に面倒ですが、一括見積もりサイトを使えば30秒でサカイを含めて大手複数社へ依頼がかかり大変ラクです。もちろん料金が高いなと感じれば、依頼する必要はないので、料金だけでも確かめないともったいないですよ!
 
 

【2390万件!】神戸の口コミランキング

引越し侍という一括見積もりサイトでは、引越しを実施した人に口コミを聞いています。その数、2390万件!
以下がその結果です。

↓画像をクリックすると詳しい内容が書かれたページが表示されます  
image_6.png
アーク引越センター、サカイ引越センター、アート引越センターがどの項目でも上位をゲットしています。

同一なのが、訪問見積もりの営業や荷物を運ぶ人の態度がいい、それから、引っ越し費用が低い。

もしアンケート母数が少しなら「大丈夫かな?」とランキング順位を信頼できないことがあります。ところが2千万人が回答したアンケート順位なら、信頼してイイです。
嘘偽りなくいうと、私はいつもサカイ引越センターに引っ越し依頼しますが言うことなしです。

IMG_1618111.jpg

アーク引越センター、サカイ引越センター、アート引越センター含めた一括見積もりサイト

神戸の引越しで安い日はいつなの?


業界における常識として神戸の引越し会社自体が暇だと料金が高くない傾向です。

isogashii.jpg


「仕事がない」、と作業員に何一つさせず待機させるわけにはいかないので、多少安くても「なんとか働かさせたい」「仕事を取りたい」と想いがあるからです。

だから引越し業界が閑散期な日時を狙えば、我々は物凄く安い料金が期待できます。

神戸の引越しは何曜日が安いの?


carender.jpg

土日祝日は引越し依頼が一気にくるので料金が高目です。中でも土曜日が一番高くなっています。土曜日に引越しをすると、日曜日にダンボールを片付けたり、室内の配置を整える時間に費やせるからです。

一方で平日は土日祝日に比べ引越し件数が1/3程です。つまりものすごく低い価格が望めます。

神戸の引越しで何月が安いの?


進学・転勤や就職など引越をする人が非常に増加する2月-4月は費用相場は3倍とみてください。

次に9月-10月が大規模な転勤が多い時期になり価格が高目です。他の月は料金相場にあまり差はありません。

神戸の引越しは月初・月中・月末でどれが安いの?


03733.jpg

賃貸物件に住んでいる方は月末まで契約を残すことが多いです。

区切りの良い月末で引越しをして、月初めから新しい家で住もう!という方が非常に多くいます。

したがいまして引越し業者は月末に仕事が増加し、月初と月中は非常に暇です。安い価格をいただくなら、できるだけ月末以外で引越し移動日にお願いしたいですね。

神戸の六曜も気をつけて!


友引/大安//先負仏滅/赤口/先勝といわれる六曜も引越しの日時で人気に差があります。縁起がいい大安が人気で、引越し屋さんはとっても忙しいです。

反対にあまり縁起が良くないといわれる仏滅は、引越し業者が落ち着くことになります。低料金なら仏滅狙いです!

【神戸の引越しで最安値を期待できる日取りまとめ】

image.png
  • 平日
  • 2.3.4.9.10月以外
  • 月初か月中
  • 仏滅
に依頼するです♪

神戸の引越しで一括見積もりサイトを使うと、なぜ料金が安くなるの?

サカイ引越センターやアート引越センター、日通の引越し、クロネコヤマト、アーク引越センター、ハート引越しセンター、アリさんマークの引越社含めた200社以上の中から一番安い料金提示の会社を選べる、無料一括見積もりサイトが今人気です。 各業者としては最初からライバルがいるので料金を安くせざるおえません。 結果、あなたの引越し料金がとても安くなります。 神戸の引越し料金で安い見積もり価格をもらうのにおすすめの方法です。 もちろん希望通りの価格ではない場合、キャンセル料もかかりません。 「料金だけ確かめる」、という方にも便利なサービスです!  
1部上場会社エイチーム運営の一括見積もりサイト
 

神戸の引越し手続き場所

神戸での電話番号やインターネット回線変更手続き

神戸に住んでいる多くの方がNTTでしょう。新居へうつる前に、手続きを済ませしましょう。
NTT西日本 電話番号 : 0800-2000-116

神戸での関西電力への手続き

引っ越し前に手続きを済ませます。カスタマーセンターの電話対応が非常にいいです。スグに電話しましょう。
関西電力 電話番号はこちら⇩⇩⇩ 

各市ごとの問い合わせ一覧
           

神戸のガス会社への手続き~新居と旧居、両方あるので忘れずに~

現在のお住まいのガス供給会社へ供給をやめる日にちを伝え手続きします。次に、引っ越し先で供給しているガス会社へ連絡し手続きを完了します。 どこのガス会社がわからない場合は、物件のオーナーや管理会社へ確認するとスグわかります。
大阪ガス 電話番号はこちら⇩⇩⇩

各市ごとの問い合わせ先

 

神戸市水道局への手続き

引越し予定の日にちを、伝えましょう!
神戸市水道局の電話番号 : 078-797-5555

転入・転居届を神戸市へ提出する場合

どの市役所で対応する必要があるかは、神戸市役所にて教えてくれます。 転出届の提出は、転居後、14日以内に必ず届け出る必要があります。忘れがちなので注意をしてください。
*国民健康保険や印鑑証明書、国民年金の手続き忘れないよう注意。お子様がいる場合、児童手当・母子手帳の変更や手続きも有ります。
神戸市役所 電話番号 : 078-331-8181(代表)
           : 078-333-3330(総合コールセンター/8:00~21:00 年中無休)
 

自動車運転免許証の変更手続き

  1. 自動車運転免許試験場
  2. 優良自動車運転者免許更新センター
  3. 近くの自動車の住所変更対応の警察署
で対応可能。 詳しくは、 神戸市の運転免許センターまたは各警察署で詳細確認をお願いします。
 
運転免許センター住所 :兵庫県自動車運転免許試験場 兵庫県明石市荷山町1649-2(電話番号:078-912-7061)
           :阪神運転免許更新センター  兵庫県伊丹市伊丹1-14-21  (電話番号:072-783-0110
           :神戸運転免許更新センター  兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目6-21 (電話番号:078-351-7201
           :神戸運転免許更新センター  兵庫県養父市八鹿町朝倉48-5 (電話番号:079-662-1117


車庫証明の手続きも忘れがちです。ご注意を。

神戸の引越し費用相場は?

新居までの距離 荷物の総量(一般的) 荷物の総量(多め)
20キロ以内 49,000円 57,000円
50キロ以内 56,000円 60,000円
100キロ以内 74,000円 82,000円
200キロ以内 78,000円 82,000円
300㎞キロ 97,000円 110,000円
神戸の家族引越しの場合の相場
移動距離 2人の場合 4人の場合
20キロ以内 60,000円 80,000円
50キロ以内 70,000円 95,000円
100キロ以内 90,000円 101,000円
200キロ以内 105,000円 125,000円
30キロ以内 148,000円 212,000円

神戸の引越し業者の住所・電話番号一覧

会社名 住所 電話番号
日本通運_神戸支店_神戸引越センター 神戸市東灘区御影浜町3-1 0120-154022
ハトのマークの引越センター_東灘芦屋センター 神戸市東灘区魚崎南町3-10-7 078-441-1954
ハトのマークの引越センター_神戸東センター 神戸市灘区都通5-4-3 078-871-1954
サカイ引越センター_神戸東支社 〒652-0847 兵庫県神戸市兵庫区切戸町1-13 0120-076-499
サカイ引越センター_神戸支社 〒652-0882 兵庫県神戸市兵庫区芦原通1-2-16 0120-079-599
サカイ引越センター_明石支社 〒652-0882 兵庫県神戸市兵庫区芦原通1-2-23 0120-081-499
サカイ引越センター_明石西支社 〒651-2113 兵庫県神戸市西区井川谷町有瀬字石塚988-1 0120-225-799
アリさんマークの引越社_神戸支店 〒651-2131 兵庫県神戸市西区持子2-128 0120-77-2626
アリさんマークの引越社_明石支店 〒651-2131 兵庫県神戸市西区持子2-128 0120-77-2626

神戸で住みやすい地域は?

1476-520x390.jpg
神戸は海と山に囲まれています。お勧めは今住んでいる神戸市垂水区です!神戸らしく山と海がすぐそばにあり、明石海峡大橋も見えます。垂水駅だとJRと山陽電車が利用可能です。神戸の中心三宮からも電車で20分くらいです。私が主に使うのはJRですが、普通と快速が停車します。駅の北側には、スーパー、銀行、郵便局、商店街、病院、ドラッグストアなどがあり、南側にはアウトレットがあります。生活には困らず、すべて駅周辺で必要な物はそろいます。車で少し北へ行くと、コストコ、ホームセンター、ABCマート、GUなどもあります。駅周辺は便利ですが、少し北へ行くと、住宅街があり、公園や学校がいたるところにあります。若い人はもちろん、家族での生活もしやすいです。静で落ち着いた地域です。坂の多い街ですが、バスも多く出ているので利用することができます。
1部上場会社エイチーム運営の一括見積もりサイト
 

元引越し屋が答える、神戸で安い引越しを実現するためのQ&Aコーナー

単身での引越し料金が安いのは?
a0001_015951.jpg
単身引っ越しだとあまり荷物が多くない場合が多く、普通の引越しよりも単身者用コースや、かなり暇な会社を利用する方が安い値段で依頼することが出来ます。一つ気を付けたいのは、引越料金は会社によって異なりますので、最安値で利用したい方ですと、見積依頼をして比べてみることが大切です。

インターネットの一括引越し見積もりサイトなどを利用すると、一度に何社にも見積もり依頼が可能なのでオススメです。なお、パックだと使えるサイズやボリュームが限定されています。その中で抑えられるかがポイントですね。小さな冷蔵庫やタンス、段ボール箱ならたいてい十個くらいは大丈夫なことが多いです。高さ制限もあるので、高さのある棚なんかは別に費用がかかるということもあるので確認しておきましょう。
ワンルーム引越しが安い時間帯は?
wanroom.jpg
平日フリー便というのが安いです(午後で時間指定なしや、その日の最初の便だと値段が倍近く違います)。なぜかと言うと、人はだいたい休みの土日に引っ越したいと考える事が多いからでしょう。

平日で更に時間を決めないフリー便利用なら、作業が入っていないときに空いている車で運搬する方法があります。しかしながら、業者側にとってメリットのあるこのフリー便は、できれば都合のいい時間で作業したい顧客側にすると不都合がありますし、ただ業者の都合に合わせているだけではこの枠の予約が取れないのは想像がつきます。という事で、フリー便だと客側にとってもメリットが増えるよう、安く設定しているというシステムなのです。

また、引っ越し代金は運ばれる荷物の量にも左右されます。ワンルームなら荷物も大してないでしょうし、車も最低限で充分ですよね。これにより、スタッフの人数も少人数で人件費も最小限で済み、かつ朝夕の隙間時間に請け負えるならば、多少安価で取引しても悪くはないか、という訳です。
学生の引越しで安い業者は?
gakusei.jpg
学生なら、狭い部屋での単身パックなんかが多いので、中小の業者若しくは暇になっている大手がオススメですね。

しかし、学生は教科書や本などで荷物の数がそれなりに多かったり、親に譲り受けた高価な家電があることもあるでしょう、故障や破損などが起きた際、トラブルを防げる中小より大手の方が対応がちゃんとしていて安心感はあります。

どちらを選ぶにせよ、第一に複数社に訪問見積もりをしてもらい、比べることがベストです。社会人と違って仕事がないので、日にちや時間は柔軟に対応できることが多いでしょうから、なるべく沢山の候補日を用意しておきましょう。営業マンから「○曜日なら安くなります」といった交渉があることもありますし、交渉が苦手でなければ自分から交渉をしてもいいですね。
引越しは午前と午後のどちらが安い?
tokei.jpg
引越しは普通は遅い便の方が値段が安いです。なぜかと言うと、午前中の引越しだと、その1日で業者が1件目の作業をすることになるため、依頼する側との約束した訪問時間を遵守しなくてはいけないこともあり、ある程度の終わり時刻が予想できるため、その後の細々とした作業時間が確保できるなど顧客側に利点が大きいため高めの値段になっています。

一方午後の引越しでは、その前の作業が終了してから取り掛かるので、
明確な開始時間が事前には分からず、その分料金で還元しています。ざっくりとした時間は伝えられるため、よほどの出来事が生じない限り、遅れることはそれほどありません。時間が読めずに来るまで落ち着けないでしょうが、同区内の引越しや荷物が多くなければ得の方が大きいでしょうから検討する価値はあります。
引越し費用が安い時期は?
引越料金が安い季節は依頼件数が減るGW明けから7月にかけてと、1月頃ですね。

新生活にも慣れはじめ、異動に伴う引越しが少ない時期にあたります。中でも特に6月と1月は天気が変わりやすい為避けたがる人が多いです。7月から8月においてもかなり暑いので作業をするにはやめておこう、という人が増えますね。

人気のない時期に引越しをしようとすると、繁忙期に比べて何万円も安くなるケースもあります。
また、引っ越し料金を安くするためには、閑散期の中でも平日を希望する事です。どの時期でも土日の希望は少しはあります。もう1点言うと、現代でも仏滅は避ける人が多く、平日の仏滅で閑散期の場合には予約数が落ちる可能性が高いので比較的安く引越しの依頼が出来ると思います。
引越し業者の段ボールの販売は安い?
IMG_17171.jpg
引越し業者の段ボール販売だと、サイト経由などで購入するよりはるかに安いです。

会社により段ボールを使いまわししているところもあり、少々傷などはあるもののかなり安価で買う事が出来るのは嬉しいですよね。

また、セットによっては、色々な梱包材が一括で入っているものもあります。このケースだと、だいたい30枚~といったことがほとんどで、不足する場合は自分で用意する必要は出てきますが、引越し業者はきちんと荷物量や何人の引越しかに合わせて手渡す梱包材の量を決めているので、足りなさすぎるということはありません。

どの業者にするかを検討するときには、これらのプラスのサービスのところにも着目して、どうやって支出を抑えられるか工夫しましょう。
仏滅の引越しは安い?
2016-08-09_110023.png
結局のところ、引っ越し費用を安くするのなら、仏滅に引っ越すのが正解です。
日本では未だに「縁起」を気にかける人が大半で、「仏滅」という印象の良くない日は引越しをする人が少なく、引越し業者では暇になってしまいます。普段から縁起を担ぐタイプの方でなければ、これを活用しない手はありません。

他の日程と比べておおよそ最大2万円ほど割引価格で申し込みできるので、想像以上にお得感が得られます。

そして閑散期なら更にコストカットが期待できます。結婚式なんかだとなんとなしにラッキーな時期を選択したいでしょうが、転勤などでただ移動するだけであれば、安さを重視して決めてもオーケーでしょう。

現在でもカレンダーを見ると大抵友引や大安などの記載があるので、これを確認すれば一目で安くなる日が分かるでしょう。

神戸で1月から12月までの引越し料金が高いか、安いか紹介

神戸で1月の引越しは安い?
1gatu.jpg
1月におこなう引越しは、安い場合が多くあります。もっとも多忙になるのが、3月です。それと、転勤する人が多い9月もそれなりに忙しくなります。あわただしい時期には、予約が殺到しますので、引越し料金が上がることがほとんどです。1月には正月があるので、忙しい作業を避けたい人も数多くいますので、依頼はあまりなく、暇な時期です。それで、業者の予約が簡単で、金額も低くなる傾向があります。新年度直前になると新しく社会人になった人や大学1年生になる人が新居に引越しし始めるので、業者を手配するのが大変で、料金も高くなります。ですから、2月に引越しをしてしまう人も多く、2月もワリと忙しくなります。とはいえ、急ぎすぎて引越し作業をしても、新居の部屋代が1ヶ月余計にかかってしまい、結局余計なお金がかかることもありますからよく考えてください。
神戸で2月の引越しは安い?
2月の中で引越し料金が割安になるのは、上旬です。なぜかというと、中旬を過ぎると、引越しシーズンに入るからです。引越し需要が高まる3月に比べると安く済みますが、2月の半ばまでとそれ以降では相場が変化します。一番安く済ませたければ、前半の平日が最適です。なぜかというと、引越ししたい人がわずかなので、どの引越し業者もお客さんの確保に一生懸命なので、割安な料金を提示しようとするからです。最初は、一括見積もりサービスの利用が便利です。複数業者の料金を一度に見積もれるので比較して検討しやすいのがメリットです。気になる業者があったら、見積もりのために来てくれるよう連絡をします。その際は、ふたつ以上の業者に依頼するのも構いません。見積もりのために来てもらうことで、値段交渉しやすくなり、営業担当は、他の業者よりお得な料金を提案してくれます。
神戸で3月の引越しは安い?
3月中の引越しは、とても高いです。外国では9月を一年のスタートとしている国も多いのですが、我々の国では4月を一年の区切りとして新しい学期が始まるために、親元から離れて大学や短大などへ通学するために一人暮らしを始めるという人も多い時期です。加えて、大学などを卒業して新社会人が入社したりというシーズンなので、3月の中頃から下旬にかけては一年を通してとりわけ引越しが多い時期になります。ですから、予算的にはとりわけ高くなりがちです。とはいえ、上旬であればあるていどリーズナブルな料金の設定をしている業者もいます。都合さえ和えば、集中しがちな半ばから後半を避けるというのも引越し費用をおさえるコツと言えるでしょう。
神戸で4月の引越しは安い?
4gatu.jpg
4月の引越し料金は3月よりも安いですが、全体を通しては安いとはいいきれません。年度の始まりは1日引越し日がズレるだけで費用も大きく変わることが少なくありません。特に前半は新生活の準備が終わっていない人も少なくないため、まだまだ繁忙期にあたります。ですから、他の時期よりも費用が1.5倍以上にまで跳ね上がる時期です。一方でお勧めなのは4月の中旬から後半です。この辺になると多くの方が新生活をスタートさせているので、業者はヒマな時期に入ります。後半になってゴールデンウィークが絡んでくるとまた費用に影響が出てくるので、お得なうちに引越ししたければ月の半ばが良いでしょう。タイミングを逃さないためにも、業者の予約状況や金額表などもチェックしておきましょう。
神戸で5月の引越しは安い?
5月の引越しにかかる費用は高くありません。それには大きな理由があります。最初に、引越しというのは、年度が切り替わる3月、4月といった時期に集まりがちです。ですから、3月、4月といった時期がピークになるので、それ以外の時期はワリと安くなると言えます。ピーク時以外の5月の引越し費用ももちろん安いですが、気を付ける必要があるのがゴールデンウィークなどの大型連休です。大型連休は、時間に余裕があるので引越しを計画する人が増えて料金設定が上がるので、連休明けを狙うことでお得に引越すことができます。また、引越し会社によってはクレジットカードなどと提携している場合もあり、ポイント還元サービスをしていることもあるので、ポイント還元を利用することでよりお得な引越しが可能です。
神戸で6月の引越しは安い?
6月の引越し相場は安いです。その訳は、年度末の引越し需要が過ぎているので、それほど需要がないためです。そして、祝日がない月なので、休日の日数が少ない月です。それも相場が低い理由です。以上のことから、平日に休める人ならば、安い金額で、空いているためスムーズに引越しできるという点で、6月中に業者を手配することにはメリットがあります。くわえて、引越し会社に限らず不動産会社にとっても、入居者が集まらないシーズンであるため、同じように安くなる傾向にあります、したがって、そうした費用をトータルで考えると、6月はかなり費用をおさえることができ、出費を少なくしたい人にとっては大きなメリットがある月であるといえます。
神戸で7月の引越しは安い?
7gatu.jpg
7月の引越し費用は年間を通して見ると安いでしょう。ただし、気を付ける必要があるのは、すべての日がリーズナブルというわけではないことです。7月の料金相場は時期によって相場が割れているので、この時期に引越そうとする場合はよく気を付けてください。費用が変わるのは「梅雨明け」が宣言されるタイミングです。梅雨真っ只中の月の半ばまでは、天候が悪く、また世間一般的には夏休み前なので、ここを狙って引越ししようとする人は少ないため、料金の相場は平均的なものです。ただし、梅雨明け宣言が出て、おまけに夏季休暇に突入した後の引越しの金額は、この時期に引越ししようとする人の数が増えるに従って高騰します。本当にお得に済ませたいのであれば、がんばって中旬までにスケジュールを組みましょう。
神戸で8月の引越しは安い?
8月の引越し費用は決して安いとは言えませんから、日をずらして引越しする方が良いでしょう。8月というのは、学生でいえば夏休みなど、長期休暇をとりやすいシーズンなので、この長期休暇の間に引越しをする人がいることで、需要が上がるのです。そういう事情で、その前後の時期である7月や9月であれば、費用を抑えやすいでしょう。ただし、7月は暑いので、暑さのピークが過ぎてから引越しをするということで、9月に引越しをするのもありです。もちろん、9月中に引越すとしても30日という期間のいつでも良いというわけではありません。例えば、平日は引越しを計画する人はあまりいませんし、仏滅などを避ける人もいるので、こういう日を狙って引越しを計画するのも一つの選び方と言えます。
神戸で9月の引越しは安い?
意外なことですが、9月は引越しのニーズが高く、特に忙しい8月の料金と比べても、それほど金額の大幅削減は望めません。年間を通しても高いです。この時期に多いのは引越しを伴う転勤です。9月が年度末になる企業も多いので、翌期のための配置換えに伴って多くの会社員が引越しをします。最近はそれに加えて9月に大型連休ができ、その大型連休に引越しを計画する人が多いため、月の後半はさらに値上がりします。少しでもリーズナブルな業者を探すため一括で見積もりを依頼したり、なるべく平日の夜間便などの割安なプランを活用しましょう。8月でなければ値段が下がるといった考えで、9月に入ってから業者を探し始めるのは失敗する危険があるので、できるだけ早く行動しましょう。
神戸で10月の引越しは安い?
10gatu.jpg
10月に引越しすると料金が安くなります。そのワケは10月は引越し業者がおおむね暇を持て余しているからです。業者が特に忙しいのは春先にあたる3月と4月です。3月とか4月などは進学や就職シーズンなので、それと共に住まいを移す人が多くなり業者の方々も余裕がありません。それと年末のシーズンも引越し業者がせわしなくなるので、引越し料金が上がります。繁忙期に予約しようとしても、予約も取りにくいことも多く、計画通りに予約を取れないことも多いです。引越し会社がハイシーズンに引越そうと思うと、料金が高くなるだけでなく、実際の作業スタッフも臨時のアルバイトであることが多くなるので、作業の品質も悪くなることも多いです。忙しい時期以外の転居であれば、相場が安くなるだけでなく、作業の効率も高めなので、ゆとりがあれば、引越しシーズン以外に業者にお願いしてみましょう。
神戸で11月の引越しは安い?
11月中の引越しにかかる費用は、一年全体を通して確かに安いです。10月よりもさらに割安だといえます。1ヶ月だけの違いで料金に少なくない料金差が出てくるため、ちょっとでもお得な月に利口にお引っ越ししましょう。11月に引越す人は他の時期よりも少数なので、どの業者も同じくヒマな時期です。もちろん不動産を扱う会社もこの時期ヒマです。お客さんが少ないので、若干でも件数を稼ぐためには、費用を下げるしかないですよね。それが安くなるのです。引越しはいきなり決まる傾向があるため、自分の思い通りに都合のよいスケジュールをそうそう決められるものではないので、やむを得ず混雑期に引越しするはめになることもよくありますが、もしロングスパンでの予定を組むことができるなら優先的に押さえておきたい月です。
神戸で12月の引越しは安い?
12gatu.jpg
12月に行う引越しは、引越し業者にとってはヒマな時期になるので低料金です。年末はまったく予定にない急なパターンでない限り引越しをしようとする方が多くないからです。とはいえ、中旬以降は冬期休暇に合わせた引越し需要も少なくないため、春先と変わらない繁忙期になると考えておきましょう。狙い所は初旬から中旬にかけてのウィークデーです。選択の余地なくそれ以降になってしまう場合でも、やはり基本はウィークデーで、作業開始時刻も時間指定をしないフリー便などで契約をするようにして、ちょっとでも出費をおさえるよう工夫してください。加えて、荷物のまとめはこちらでやったり、段ボールも手持ちのものを使うことで出費の節約に繋がります。基本的なことですが相見積もりも試してみましょう。

関連ページ